S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
全体
ムーン

蘭とムーン
我が家の出来事
はじめに
お詫び
未分類
以前の記事
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
★プロフィール★
☆蘭
ゴールデンレトリバー
2000.4.27生まれ ♀
おっとりしているが、食べ物には過敏に反応。
人間大好き、犬苦手

☆ムーン
雑種
2004.4月生まれ ♂
ビビリの王様。テレビの上かソファーの後ろがお気に入り。
知らない人苦手、蘭大好き

☆kiyokime
30代 ♀
余計なことを考えない楽天家。
ビールが大好き、掃除は苦手。

旦那、娘、息子あり。
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:未分類( 2 )

遅れましたが・・・

ペコとののさんの求むTB!! にゃんこ体長測定会(仮)参加。
といっても、体調不良で中々撮れなかった間に、もう開催しちゃったのよね(ーー;)
でもまだ募集中とのことで、ものすごく遅れましたが参加しときます。
c0045334_1627458.jpg

家のムーンも大きいほうだと思ったのですが、皆さんのと比較すると標準なのかしら??
でもお腹はかなりタプタプ貫禄ついて来ましたね(汗)

c0045334_16281495.jpg

伸びてもこの位でした(^_^;)
いや結構デカイかな(笑)

ちなみにこれは反則ですかね(笑)
c0045334_16311274.jpg

つーか猫じゃないしね(^_^;)
今後もこんな面白い企画あったら参加したいですねv
[PR]
by kiyokime | 2005-06-09 16:32

佐助君安らかに

a< href=http://kounosuke.exblog.jp/1951700 target="_blank">【佐助】
 佐助君のの記事を読んで、言わずにはいられませんでした。
家のバロンもそうでした。
推定5歳でしたが、拾ってきた当初から3キロしかなく、やけにトロイ猫でした

ある日私が家に帰ると、ぐったりとして体は汚物で濡れていました。
さっきまで元気でご飯も食べていたのに・・・
すぐに病院に駆け込み、簡単な血液検査をすると、体重は2.4に減り、重度の貧血・脱水・黄疸があり「腹膜炎」の疑いがあるといわれました。
「腹膜炎」だと『早ければ数日、もって1ヶ月。この病状だと間違いないでしょう』
突然そんなこと言われても納得できませんでした。
とりあえず脱水を直すために点滴をするので入院。

翌日病院に行くと『入院していても検査の結果が出るまですることないから、家につれて帰っていいですよ。』と薬をもらい帰宅しました。

数日後、検査結果は抗体値6700。
ほぼ腹膜炎に間違いないことが判明しました。

薬はステロイドと抗生剤の併用。
後は毎日点滴通院を続けました。

2週間くらいすると、脱水も直り、ご飯も食べ、体重も2.8まで回復しました。
先生に『この子は薬が効いてるんですね。がんばってますよ。』と言われ嬉しくてたまりませんでした。

その後、体の水分バランスがうまく取れないためか、右のほほが晴れ上がり、やがて破裂。
傷を治すためにステロイドを中止。
傷は普通なら麻酔をかけて膿を出し、縫う手術ですが、体力的に持たないので、ホチキスでの仮止めになりました。

ステロイドをやめたせいか、傷は直りかけてきました。
が、目に見えて衰弱していました。
ご飯も食べようとするのですが、匂いをかいでやめてしまいます。
病院で注射器をもらい、ご飯を食べさせる日が続きました。

1月3日薬をもらいに病院に行き、その帰りに神社に初詣。
もちろんみんなの願い事は「バロンの病気が治りますように・・・」

でもその夜0:30、突然今までに聞いたことの無い大きな泣き声が2回。
ビックリして飛び起きると 2・3回むせるような感じで、そのまま私の布団の中で逝ってしまいました。

家に来て半分以上は闘病生活。
十分な愛情を与えてあげられなかった、無念の気持ちでいっぱいです。
早くこの病気が治る「特効薬」が出来ることを願います。
c0045334_15371619.jpg


佐助君へ
もう痛くないよ。苦しくないよ。
だからどうか安らかに・・・
佐助君はきっとkouちゃんと仲良くしていますよ。
そして一緒にママの所に帰ってあげてね。
[PR]
by kiyokime | 2005-02-08 15:38